シミズテックのブログ一覧

各ブログのタイトルか[…続きを読む]をクリックすると、詳細記事がご覧になれます。

2020/10/15

世の中にある材料は大きく分けて「高分子」「金属」「セラミックス」の3つに分類されます。「高分子」とは、きわめて分子量の大きい化合物のことを指し、一般的に分子量が …続きを読む


2020/10/15

『物性評価』とは、材料の構造や性質をマクロスケールで測定し、その材料が持つ物理的性質(物性)を評価する材料試験です。 金属材料の物性評価においては、硬さ計を用い …続きを読む


2020/10/15

『摩耗試験』とは、材料の摩耗に対する耐摩耗性や摩擦係数を調べることを目的とした試験です。「摩耗」とは、使用において2つの物体に摩擦が生じることで次第に消耗してい …続きを読む


2020/10/15

『衝撃試験』は、材料に衝撃荷重が加わった時に発生する衝撃への抵抗度合いを測定する試験です。固定した試験片に振り子式の打撃ハンマーで衝撃を加えて破壊することで、そ …続きを読む


2020/10/15

『ねじり試験』とは、材料のねじりに対する強度や降伏点、せん断弾性係数、破断までのねじり角などの測定を目的とした試験です。主に車両や電動機に使われる車軸・伝動軸( …続きを読む


2020/10/15

『疲労試験』は、材料の疲労(疲れ)に対する強さや限度、寿命を求めることを目的とした試験で、「疲れ試験」とも呼ばれています。 試験方法は試験片に様々な荷重を繰り返 …続きを読む


2020/10/15

『曲げ試験』は、引張試験や圧縮試験と同様に材料の機械的性質を評価する際の基本となる試験です。試験片の両端を支えた状態から中央部に荷重を加えることで、曲げる力に対 …続きを読む


2020/10/15

『圧縮試験』とは材料の機械的性質を調べる基本の試験であり、引張試験や曲げ試験と同様に一方向から試験片に荷重を加えて変形度合いを調べる「静的材料試験」の一つです。 …続きを読む


2020/10/15

『引張試験』は、材料の機械的性質を測定する試験の中でも代表格と言える試験です。 主に工業や建築における材料の引張強度、伸び、降伏点などの機械的性質を評価すること …続きを読む


2020/10/15

材料試験とは、主に工業上での使用を目的とした材料の性質を調べるための試験です。 機械や構造物など、あらゆる製品においてそれを構成する材料には一定の品質が求められ …続きを読む


2020/10/01

シミズテックでは、弊社の商品・サービスをより一層、お客様に知ってもらうために技術情報に関するブログを始めました。適時、更新していきますので是非ご覧ください。